有酸素系持久力トレーニングへの適応

有酸素系持久力のトレーニングも、サワダプライベートジムにおまかせください。初めてのお客様も安心して、マラソン大会出場・完走へとサポートいたします。

 

有酸素性代謝は、多くのATPを生産し、ATPを生産する燃料源として、脂質・タンパク質・炭水化物を使用します。有酸素性持久力のトレーニングによって、最大心拍数の増加に伴う最大酸素摂取量の増加が起こります。

 

最大酸素摂取量の適応は、ほとんど半年から1年のトレーニング期間に完了します。その後は、乳酸性作業閾値の向上や、ランニングび効率が高まる事により、パフォーマンスが向上していきます。

 

代謝の変化としては

・呼吸容量の増大

・同一の最大下運動強度での血中乳酸濃度の低下

・ミトコンドリア濃度と毛細血管密度の増加

・酵素活性の向上

です。

 

有酸素性持久力トレーニングは、体脂肪を低下させます。

 

 

 

Facebook
Please reload

特集記事

剣淵町の健康教室、本年度も開始しました。

2019/11/24

1/10
Please reload

サワダプライベートジムのロゴ.png
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload